簡単にダイエットできる方法はある?基本を忘れると痩せられません!

ダイエット食と言われたときのイメージは脂肪分や糖分などが少ない量のものが浮かぶと思いますが、私個人の経験からすると、塩分を控える食事がかなり効果的だと思います。特に下半身太りのほうが気になって仕方ない方は、まず減塩をしてみることをアドバイスとします。私がダイエットにチャレンジした時、家の中でもできるダイエット手段として腕立て、腹筋、スクワットなどを実行して、筋肉の量を増加することでからだの基礎代謝が上がりやすくした後に、少々速足での散歩を30分以上しました。私の場合、これを毎日、毎日実行することで、2か月の間に5キロ以上の体重を落とすことに成功しましたが、実行し続けることはとても大変でした。有酸素運動は20分以上持続しないと結果がでないとされてきましたが、今は何度かにわけても短くても、20分運動していれば効果があるのではないか?といわれています。それとは別に、筋トレのほとんどは有酸素運動とは反する運動ですが、呼吸をする運動、呼吸を詰める運動を交互に行うことでそれぞれの効果を引き出すことが成功します。自分の基礎的な代謝を測ることは必要です。その理由は、自分の代謝量を知らないまま、必要な摂取カロリー量を理解することはできないのが理由です。若かった時のような無謀なダイエットをするのが体に無理ができなくなった分、常時冷静に数値と向き合っていきたいと思う日々です。痩せるにはまずはあまり無理をしないことです。食事制限をするダイエットは確実に痩せるのですが、デメリットも多いのです。私は生理が止まりました。排卵が止まり、婦人科で薬をもらい治しました。あまり頑張りすぎると続かないし危険なのでは?というのが持論です。日常歩く時にお尻に力を入れて大股で歩くよう心がけるだけでも意外と、違うのです。ダイエットの為に朝食を抜くのは体に良くないので、必ず食べる方が効果的です。カロリーを考慮する場合はメインの炭水化物をグリーンスムージーやヨーグルトに変えて食べるといいです。他にも、温野菜やスープも代謝が上がりますし、肌も綺麗に保てます。時間がない時は果物だけでも良いので、朝食は抜かずに食べて健康に痩せましょう。目的を持って歩くことによって痩せることの注意点は、続けて必ず40分以上歩く事です。歩く事のような有酸素運動で、燃え始める脂肪は、始めてから約30分たってからです。10分や20分ウォーキングするくらいでは、脂肪は燃やされず、ダイエットのききめはかなり薄くなってしまうので、気をつけましょう。年齢に伴い次第に体が張りがなくなってきました。ダイエットのためには、運動、食べ物の管理が一番だとは思うもののいっこうに時間が確保できずに実行できませんでしたが、暫くぶりに体重計で計ってみて心臓が止まるかと思ったんです。まず、自分で出来ることを始めようと、無理なく運動を実施するために、日頃の移動手段を歩きにすることから始めてみました。これで僅かでも痩せると嬉しいです。女性の視点では、結婚は一生に一度きりのはずのことなので、結婚が決定してから、私も人並みにダイエットに努力しました。加えて、エステにも行って見ました。お金が色々と必要で2日間しか通えなかったけれど、普通できないことをして少しだけ綺麗になれた気分になりました。ダイエットを行うときにはあらかじめ基礎代謝量を計算しておくことが重要な第一歩です。基礎代謝とはつまり、平時に消費されているエネルギーのことを指し、数値が大きいほど、体質的に太りにくいと考えられています。簡単に基礎代謝の計算ができるツールがネット上にありますので、一度計算してみるといいと推奨します。あなたが、ダイエットにより健康的に痩せたいと思うなら、有酸素運動を行うのが効果があります。これはスイミング、歩いたり走ったりといった運動についてです。栄養面で考慮するのはプロテイン、すなわち、良質なタンパク質を体内に取り入れることです。脂肪分を分解させるためにはタンパク質が不可欠なのです。昔に比べて、肉がついてきたので、スマートになろうと調べていたら、いい対策を見つけました。それは酸素を多く取り込む運動です。有酸素運動の効果は抜群で食事制限を頑張るより早く結果が出るらしいです。私も数週間前から有酸素運動を取り入れていますが、あっという間に痩せてきて嬉しいです。ウォーキングは思いのほか効果的なんだなと感じた出来事でした。ダイエットするにはまず筋肉を付けて基礎代謝量をつけていく事が重要です。実際、痩せる為にはどんな筋トレが求められるのでしょうか?有酸素運動が期待どおりの結果が出せますが、あまり熱心にやりすぎると、逆に筋肉がつきにくいと言われています。大した程度でない有酸素運動の以後に筋力トレーニングを行い、その後、また軽度の有酸素運動を行うのが効き目が出やすいようです。もはや20年くらい前になりますが、その頃、流行した海外製の痩せる!といわれるサプリを験したことがありました。飲んでしばしすると、胸がドキドキしたり、呼吸が荒くなってきました。ききめがあると思えばいいのか、体に適さないのかわからず怖くなり、一瓶で飲むのを中止することにしました。結局、体重も何も変わりませんでした。基礎代謝量を今よりあげていくためには有酸素運動が効果的といわれています。一番簡単に取り入れられて効果もあげやすいのはウォーキングなのです。ただもちろん、ダラダラと歩く、それでは基礎代謝量を上げることは難しいです。たとえば方法としては、下腹部に力を入れつつ顎をしっかり引いて前を向くなど、筋肉を意識しつつ歩くようにすると、効果を出すことができます。
購入はこちら>>>>>女性用加圧シャツ 選び方

30代のダイエットはたんぱく質が必須!?

30代になると、なかなかダイエットをしても20代のころのようには痩せなくなってきたりします。

脂肪を落とすだけではなく、筋肉をつけて代謝のいい体を作ることは、30代のダイエットの目標。そのためには、しっかりたんぱく質を摂りながらフィットネスを行うことが大事です。

30歳代女性たちが抱える健康に関する問題とフィットネスでの対処方法

成人女性、特に30代の女性の間で運動習慣離れというのが指摘されております。

やはり、家事に仕事に忙しくなる女性には、普段からフィットネスに通うということがそう簡単ではないことも原因のひとつでしょう。

ですが、フィットネスの不足によって、健康状態が悪化する場合も出てきるのです。

やりたい運動・通いたいジムはあってもお金の余裕も余暇も足りない!そんなアラサー女性もいる事でしょう。

でしたら日々僅かなフィットネスから取り入れていってはどうでしょうか。

通勤時間や休憩時間を使って簡単に実行可能なものからチャレンジしていきましょう。

たとえば、少しの時間でも空き時間があったら歩くようにするとか、思い切って一駅分歩くような習慣をつけてしまうというのもいいかもしれません。定期を1駅前までしか買わないようにすれば、必然的に1駅分は歩かないといけなくなりますからね!

アラサーが持つ健康の不安を解消出来る簡単な方法

ただ、アラサーの女性は、運動を取りいれるにしても、運動後にすぐには疲労感が取りきれなくなることも多々あります。翌日まで疲れが残るようでは、せっかくの運動も無駄(?)になってしまいますからね。

ハードな運動をしていないにも関わらず疲れやすいという場合は、よくあるパターンとしては、ストレスなどの精神的消耗や、ライフサイクルの変化などが考えられます。

日頃から健康に送るために、バランスのいい食事と同様に、習慣的に体を動かす事が不可欠です。

そういう意味でも、最初から激しい運動はやらずに、とりあえず実行し易いところから手を付けるのがいいでしょう。そして、たんぱく質を積極的に摂ることで、筋肉をつけると同時に、疲れた体を早めに回復させることができます。そのときには、ビタミンやミネラルも一緒に摂ることを忘れずに!

適度な運動、そして、たんぱく質・ビタミン・ミネラルをしっかり摂れる食事を心がければ、30代の女性で体を動かすことが苦手だったり体力がないと自覚している人でも、少しずつ体の変化を感じることができるはずです。

まずは、日常生活の中でいいので、意識的に体を動かすようにしましょう!代謝アップにつながります。

加圧インナー レディース ランキング

インナーマッスルを鍛える方法は?

筋トレというと、腹筋や腕、脚の筋肉という「目に見える部分」を鍛えることがメインですよね。

でも、実はそういう表面にある筋肉以上に重要なのが「インナーマッスル」。体幹と言われる部分です。

体幹=インナーマッスルを鍛えるというと、アスリートが運動機能を高めるためのトレーニングというイメージがありますが、むしろ私たち一般人こそインナーマッスルを鍛えるべきなんです。

インナーマッスルを鍛えるメリットは?

目に見える部分ではないので、「そんな見えないところを鍛えて何の意味があるの?」と思うかもしれませんが、実はインナーマッスルを鍛えると、最終的には外見まで変わってくるのです。

・姿勢がよくなる

・ぽっこり突き出たお腹をへこませる

・脂肪がつきにくい体になる

特に、「お腹だけぽっこり突き出ている」という人はインナーマッスルを鍛えると見違えるほど変化を感じるはずです。腹筋をいくらやってもお腹がへこまないのは、内臓を支える腰周りの筋肉が衰えている可能性があります。腰回りの筋肉を鍛えることで、内臓を支えれば、お腹のぽっこり度合いも小さくなるでしょう!

インナーマッスルを鍛える体幹トレーニング方法

インナーマッスルを鍛える方法は、ふつうの腹筋や腕立て伏せとは少し異なります。

「プランク」や「ヒップリフト」と呼ばれる方法が一般的ですが、基本的には腕やつま先で体を支えた状態をキープするというもの。ふつうの筋トレのように、筋肉を動かすことで鍛えるのではなく、筋肉に負荷をかけた状態をキープすることで鍛えるのです。

ただ、インナーマッスルが弱っている人の場合は、最初はふつうの筋トレ以上にキツイかもしれません。

プランクなんて、10秒姿勢をキープするだけでも汗だくになりますし、相当負荷がかかってキツイですよ!

でも、毎日続けていけば、少しずつキープできる時間が長くなります。その分、インナーマッスルが鍛えられて強くなっているということを実感しやすいです。

インナーマッスルを鍛えるのに便利な道具

プランクがキツすぎて続かないという人は、道具をうまく取り入れてインナーマッスルを鍛えることをおすすめします。

有名なところで言うと、バランスボール。少し前に流行ったので、押入れのどこかにしまってあるという人も多いのではないでしょうか。

ふだんのイスをバランスボールに変えるだけでも、インナーマッスルを鍛えることができます。バランスボールに1時間も座っていると、体の中心に得も言われぬ疲れを感じるはずです。

また、着ているだけでも体幹を鍛えられるシャツもおすすめです。

便利な道具をうまく使って、インナーマッスルを鍛えることを習慣化できるようにしましょう。

筋肉をつけるのに人気のHMBサプリって?

この数年、筋トレのサポートサプリとして人気が高いのが「HMBサプリ」。

急激に注目を集めているサプリですが、本当に筋肉にいいのでしょうか。その効果を調べてみました。

HMBサプリの効果

HMBサプリは、主に筋トレを効率よく行い筋肉を増やすことを目的として使われています。

その効果は、筋肉を増やす、筋肉の減少を抑える、回復を促進するなどがあげられます。

トレーニングする際にHMBサプリを飲むことで、トレーニングで傷ついた筋肉をすばやく回復させることで、効率よく筋肉を増やしていくことができるというわけです。

どんな人に向いている?

HMBサプリは、筋肉が発達しきっていない筋トレ初心者が使うとより効果を実感できる度合いが高いようです。

逆に、筋トレの上級者の場合には、目立って大きな筋肉増大が見られなかったという実験報告もあります。

HMBを飲むタイミングは?

HMBサプリは、飲むタイミングが非常に大事と言われています。もちろん薬ではありませんので厳密に決まっているわけではないのですが、それでも筋肉への効果を最大限に得るためにはしっかりとタイミングを守って飲むのがいいですね。

ベストのタイミングは、筋トレをしたあと。筋トレ後にはプロテインを飲む人が多いと思いますが、それと同じタイミングでHMBサプリも摂取するといいでしょう。

トレーニングで傷ついた筋肉の回復を早め、筋トレ効果をアップさせることができます。

また、クレアチンと一緒にHMBサプリを摂取することによって、さらに大きな効果が期待できるそうです。

HMBを飲むだけでは筋肉はつかない!

HMBサプリは、あくまでも筋トレの効率をよくするために飲むサプリです。これだけ飲んでいれば筋肉が付くというわけではありません。プロテインだって同じですよね。

ただ、上にも書いたように、筋トレ初心者にとっては、HMBサプリを飲んでトレーニングを行うことで、筋肉増大の実感を早い段階で感じやすくなるようです。

なかなか結果が出ないとやる気もなくなっていきますので、HMBサプリを摂取して早めに結果を出すことで、さらなるトレーニングのモチベーションをアップさせるという意味でも有効ですね。

道具は使いよう

サプリでも、筋トレグッズでも、どんなものでもあくまで「道具は使いよう」です。

たとえば、最近はやりの加圧シャツなども、一切動かずにただ着ているだけでは効果も出ません。でも、加圧シャツを着た状態で筋トレをすれば、効率のいい筋トレ効果を得ることができるわけです。サプリも同じですね。

サプリでも加圧シャツでも、選び方を間違わずにしっかりと筋トレと併用することで最大限の効果を得られるでしょう。

参考サイト:人気の加圧シャツはどこで買える?失敗しない選び方・買い方

筋肉をつけるにはプロテインがいい?

筋肉がついて引き締まった体というのは美しいものです。だれもが憧れますよね。

筋肉というと「プロテイン」を思い浮かべる人が多いと思いますが、そのプロテインこそがたんぱく質なんです。

もちろん筋肉を作るためには、たんぱく質は必須のアイテムなんですが、たんぱく質単体ではちゃんと筋肉を作ることができないんです。

実は糖質やビタミンも大きな働きをする

筋肉をつけるためには、たんぱく質の他に糖質やビタミン・ミネラル類の手助けが必要なんです。

たんぱく質というのは、アミノ酸からできているのですが、いくらたんぱく質を摂取してもそれをアミノ酸に分解できなければ体に効率よく吸収されないのです。

そして、そのたんぱく質をアミノ酸に分解するために必要なのが、ビタミンです。特にビタミンB群はたんぱく質の分解に必要不可欠な栄養素。

ビタミンBを多く含む食物、特にたんぱく質の分解に力を発揮するビタミンB6は、かつおやマグロ、バナナやレバーなどから摂ることができますので、意識的に食べたいですね。

また、糖質は筋トレをしているときのエネルギー源となるので、糖質が不足していると効率よく鍛えることができない可能性が出てきます。

最近では糖質を摂らない風潮が強いですが、もし筋トレをするのであれば、糖質を摂らなさすぎるというのも筋肉のためには効率が悪いようですね。糖質は摂りすぎると確かにデメリットもあるので、「適度」な摂取をこころがけるのがいいでしょう。

その点、プロテインにはたんぱく質を効率よく吸収できるように色々な栄養素が配合されているものがあるので、そういった商品を選んで飲むというのもいいかもしれませんね。

たんぱく質を摂って体を動かす

たんぱく質は三大栄養素なので、運動をしている人・していない人にかかわらずしっかり摂るべきです。

ですが、「たんぱく質をたくさん摂っているから、運動はしなくても自然と筋肉質になるだろう」と思ったら大間違い。

週に3~4回くらい筋トレをするのが理想ですが、もし筋トレが続かないという人は、少しだけ日々の生活の中で意識して体を動かすことを心がけるだけでも全然違うでしょう。

せっかく摂取したたんぱく質を筋肉に変えるには、筋肉を動かしてあげるのが大事です。

プロテインを飲んでいるだけではダメ。プロテインを飲みながら、少しだけ意識して体を動かすようにする。

あとは、少しの運動でも効率よく筋肉に刺激を与えることができるようなグッズも最近では販売されています。

大きいサイズ用の加圧シャツ

↑こんな商品もあるようなので、効率よく筋肉に刺激を与えたい人はチェックしてみてはいかがでしょうか。