インナーマッスルを鍛える方法は?

筋トレというと、腹筋や腕、脚の筋肉という「目に見える部分」を鍛えることがメインですよね。

でも、実はそういう表面にある筋肉以上に重要なのが「インナーマッスル」。体幹と言われる部分です。

体幹=インナーマッスルを鍛えるというと、アスリートが運動機能を高めるためのトレーニングというイメージがありますが、むしろ私たち一般人こそインナーマッスルを鍛えるべきなんです。

インナーマッスルを鍛えるメリットは?

目に見える部分ではないので、「そんな見えないところを鍛えて何の意味があるの?」と思うかもしれませんが、実はインナーマッスルを鍛えると、最終的には外見まで変わってくるのです。

・姿勢がよくなる

・ぽっこり突き出たお腹をへこませる

・脂肪がつきにくい体になる

特に、「お腹だけぽっこり突き出ている」という人はインナーマッスルを鍛えると見違えるほど変化を感じるはずです。腹筋をいくらやってもお腹がへこまないのは、内臓を支える腰周りの筋肉が衰えている可能性があります。腰回りの筋肉を鍛えることで、内臓を支えれば、お腹のぽっこり度合いも小さくなるでしょう!

インナーマッスルを鍛える体幹トレーニング方法

インナーマッスルを鍛える方法は、ふつうの腹筋や腕立て伏せとは少し異なります。

「プランク」や「ヒップリフト」と呼ばれる方法が一般的ですが、基本的には腕やつま先で体を支えた状態をキープするというもの。ふつうの筋トレのように、筋肉を動かすことで鍛えるのではなく、筋肉に負荷をかけた状態をキープすることで鍛えるのです。

ただ、インナーマッスルが弱っている人の場合は、最初はふつうの筋トレ以上にキツイかもしれません。

プランクなんて、10秒姿勢をキープするだけでも汗だくになりますし、相当負荷がかかってキツイですよ!

でも、毎日続けていけば、少しずつキープできる時間が長くなります。その分、インナーマッスルが鍛えられて強くなっているということを実感しやすいです。

インナーマッスルを鍛えるのに便利な道具

プランクがキツすぎて続かないという人は、道具をうまく取り入れてインナーマッスルを鍛えることをおすすめします。

有名なところで言うと、バランスボール。少し前に流行ったので、押入れのどこかにしまってあるという人も多いのではないでしょうか。

ふだんのイスをバランスボールに変えるだけでも、インナーマッスルを鍛えることができます。バランスボールに1時間も座っていると、体の中心に得も言われぬ疲れを感じるはずです。

また、着ているだけでも体幹を鍛えられるシャツもおすすめです。

便利な道具をうまく使って、インナーマッスルを鍛えることを習慣化できるようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です