筋肉をつけるにはプロテインがいい?

筋肉がついて引き締まった体というのは美しいものです。だれもが憧れますよね。

筋肉というと「プロテイン」を思い浮かべる人が多いと思いますが、そのプロテインこそがたんぱく質なんです。

もちろん筋肉を作るためには、たんぱく質は必須のアイテムなんですが、たんぱく質単体ではちゃんと筋肉を作ることができないんです。

実は糖質やビタミンも大きな働きをする

筋肉をつけるためには、たんぱく質の他に糖質やビタミン・ミネラル類の手助けが必要なんです。

たんぱく質というのは、アミノ酸からできているのですが、いくらたんぱく質を摂取してもそれをアミノ酸に分解できなければ体に効率よく吸収されないのです。

そして、そのたんぱく質をアミノ酸に分解するために必要なのが、ビタミンです。特にビタミンB群はたんぱく質の分解に必要不可欠な栄養素。

ビタミンBを多く含む食物、特にたんぱく質の分解に力を発揮するビタミンB6は、かつおやマグロ、バナナやレバーなどから摂ることができますので、意識的に食べたいですね。

また、糖質は筋トレをしているときのエネルギー源となるので、糖質が不足していると効率よく鍛えることができない可能性が出てきます。

最近では糖質を摂らない風潮が強いですが、もし筋トレをするのであれば、糖質を摂らなさすぎるというのも筋肉のためには効率が悪いようですね。糖質は摂りすぎると確かにデメリットもあるので、「適度」な摂取をこころがけるのがいいでしょう。

その点、プロテインにはたんぱく質を効率よく吸収できるように色々な栄養素が配合されているものがあるので、そういった商品を選んで飲むというのもいいかもしれませんね。

たんぱく質を摂って体を動かす

たんぱく質は三大栄養素なので、運動をしている人・していない人にかかわらずしっかり摂るべきです。

ですが、「たんぱく質をたくさん摂っているから、運動はしなくても自然と筋肉質になるだろう」と思ったら大間違い。

週に3~4回くらい筋トレをするのが理想ですが、もし筋トレが続かないという人は、少しだけ日々の生活の中で意識して体を動かすことを心がけるだけでも全然違うでしょう。

せっかく摂取したたんぱく質を筋肉に変えるには、筋肉を動かしてあげるのが大事です。

プロテインを飲んでいるだけではダメ。プロテインを飲みながら、少しだけ意識して体を動かすようにする。

あとは、少しの運動でも効率よく筋肉に刺激を与えることができるようなグッズも最近では販売されています。

大きいサイズ用の加圧シャツ

↑こんな商品もあるようなので、効率よく筋肉に刺激を与えたい人はチェックしてみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です